P.K.A KAUZ

Ma.k. P.K.A KAUZ

“KAUZ” was partially modified in the old kit. 3Q MODEL was released in 2009.
Very attractive shapes, complex molds in detail, very nice and beautiful.
However, the indirect part is weak and it requires a work.

What kind of paint is applied to the weapons used in the universe?
It is the point to paint this kit.

現在進行形のキット「KAUZ」。スーツの造形としてはとても魅力的。
宇宙用P.K.Aということで、無重力のためストレーキング少なめ、汚し少なめで宇宙環境が似合うホワイトが初期イメージであったが、色々と挫折をくり返しデカール無しの仮状態で作業を一端中止。
「KAUZ」はインターバルに入った。

フリーゲをベースに大型の間接視認システムを備えた指揮官用機として開発された「KAUZ」。
この間接視認システムをグスタフに導入したのがメルジーネ。
このキットは3QMODELのもので、ランナーには「NITTO」の文字が見受けられる。
興味深いことに、キットにはフリーゲのハッチやレドームの予備などが同梱されている。Ma.K.キットの多くがベース機のランナーにパーツ追加される形で派生機のキットがリリースされているようである。
因みにNITTO再版シリーズキットの関節部分は、最新のWAVEキットのようにシーリングが造形されたポリキャップ式ではなく、蛇腹形状をしたラバーパイプで関節を覆う仕様である。
上手く処理出来ればなかなか格好がよい。

現状としては、ツヤ有りのタミヤ・ピュアホワイトで起ち上げたが、その上からUSA戦闘機色のライトグレーを上塗り。様子見でフィルタリングと墨入れを行っている。

Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google