Category: SHUTORAL

Ma.k. KRÖTE / Wave
Build File.02

WAVEからリリースされていた3Q MODEL『T.W.-47 KRÖTE』を塗装開始。
グレーサフを吹いて、とりあえず、TAMIYA TS-68木甲板色をベース色に設定。
マホガニー系を使わずにさっぱりとしたベースから迷彩にして汚す…という流れでいこうと思う。
筆塗り仕上げの好例は、ネット上に沢山あるが、現状そんなにガッツリヌリヌリできる時間もなさそうなので、楽しんで塗装できる方法で…と考えている。

で、まずはTAMIYA TS-68木甲板色。
いままで、もう少し濃い色のサンドカラー、例えばTS-3やXF-60あたりを使っていたが、これはこれで良い感じ。
やはり、ラッカー系のノッペリとした艶消しの中にほんのりラッカー光沢のあるタミヤの色味は良い感じである。

迷彩は、陸戦とはいえ荒廃した地球での使用を考えると、グリーン系よりもデザート系の色調でしょ?
と言うことで、ブラウン系を基調としたシンプルな2色迷彩。なおかつ、うねうねと細かいものよりもザックリとした色分けの方が、何となく好み。
当初、KRÖTE=カエル…なだけにヤドクガエル風の色分けを考えたけれども、やっぱベーシックな方が好みである。

で、TAMIYAアクリルXF-64レッドブラウンとXF-78 木甲板色を用意して、エアブラシでフリーハンド迷彩。
粘度の高い塗料を、0.05Mpaで吹いているので粒子が粗い。もう少し緩めに溶くべきであるが、エアブラシの壺に、瓶生塗料と溶剤をぶち込んでうがい撹拌でしているので微調整もなにもあったものではない。
この辺りはもう少し丁寧に作業すべきである、と反省する。
とはいえ、この砂目感のあるザラッとしたぼけ足が好きだったりする。
GSIクレオス Mr.レギュレーター4を使用しているが、0.05Mpaに設定して吹いてみると、実際0.05Mpaまでエア圧が落ち着くまで1〜2秒ほどかかるようである。吹き始めを外に逃がさないとブラシ先端に残った特に粘度の高い塗料が砂目で噴出される。
これは、所謂「失敗」であるが、全体が均等に同じようになっていれば、「このように塗装した」と言い切ってよい、としている。

数ヶ月前に入手した、ブリック・ワークスのヘビーメタル誌のカバーアートに搭乗した女性パイロットのフィギュア。
ビギナーが塗るとこんな感じ。すっぴん女性風に仕上げた。(技術が無いだけである)
もの自体は、造形、モールド、どこをとっても素晴らしい。
作例をググれば、本当にハイクオリティな塗装例が沢山確認出来る。
あんなふうに仕上げたいものである。もう一体入手して、練習したい。

模型作り、塗装に関して参考にさせて頂いている「いまのところ未定。(仮」。
ものすごく上手。こんなふうに塗装できたらな…と思うが、塗装し始めて約数ヶ月(積算実稼働で言えば実質数日)の分際でなにを言うか、と思う訳で。
この、「いまのところ未定。(仮」の記事の中に時折でてくる「HONEMITS PRODUCTS」であるが、どうやらイエサブで取扱があるらしい。
が、地方に暮らす私の様なものには遙か遠方の話しである。
で、ネットで買えるところが無いか探してみたところ…
STORESで展開する「トネリコ」なるショップをみつけた。なかなか良い品揃え。
もう一つ。こちらはeBayで展開する「evolution-online」の1/20キットコーナー
こちらも…おっと思える品揃えだが…海賊版?的な不安がね。
ただし、韓国モデラーの作例でみたHEXAMODELの「あのオッサン」も在庫がある。
ん〜魅力的なのだが…


Ma.k. KRÖTE / Wave
Build File.01

かれこれ10年近く前に、WAVEより3Q MODELの第4弾としてリリースされた『T.W.-47 KRÖTE』ことクレーテ。
ボムフェル&チオネル社が開発したシュトラール軍の2脚歩行自動戦闘機械。
ケーニヒスクレーテは別格だが、夜戦強化型のキュスターと比べると若干味気ないフォルムではあるが、それでもMa.kの2足歩行樹は格好良い。

現在、合わせ目消しをしつつ素組み完了まで。
捨てサフで様子見ながら組んでるけど、なかなかサクサク組めるキットではある。
ただ、セットになってる整備士のモールドの甘さは気になるところ。
NITTO製よりも十分良くなっているけど、wave最新版に付いてくるヘッドと比べると…

今回は、エアブラシを使った迷彩塗装を試みる予定。
Ma.kは筆塗り本流だが、OLYMPUSの割と細吹きが容易なHP-101、広い面積を吹く用の中華製ハンドピースと2本のエアブラシが揃った。
本流亜流邪道にとらわれず自由に楽しむ。

内部が除き見える先頭部分に何かジャンクパーツでも突っ込んで要素を増やそうか…パイピングでも良さそう。
この辺の懐の深さが楽しめるポイントなのだろう…
あと、整備士に髪の毛を追加しとかな、塗装の際に、また迷うな。


Ma.k. GANS / MODELKASTEN
Build File.02

MODELKASTENのハイブリッドGANS。
サフを吹いてから3ヶ月放置してしまった。理由の一つはどんな雰囲気に仕上げようか迷った事。
もう一つは、学生時代に平面作品の製作用に使っていた今は無き「OLYMPUS社」のエアブラシが、道具入れから発掘され、そいつの整備や調整に時間がかかっていたこと。
結局、ニードルの歪み補正を諦めて代替え品を探す事にしたが、待っていられず缶スプで迷彩塗装。
ゆるめのスプリット迷彩をイメージして、ゴム手袋した指でマスキングしながらプシュー。
ウエザリング以外は全て缶スプ仕上げ。

まあ、イメージしていた感じに近い仕上がりとなった。

GANS、もう数体作りたいな…
とはいえ、プレミア価格で入手する気にはなれない。SuperBallやNEUSPOTTERが再版されているから、待てばいつかは再版されるのだようか。
その前に、KRÖTE(クレーテ)に取りかからなければ。
ケーニヒスクレーテやキュスターではない普通のクレーテは若干味薄めな印象もあり、GANSの様に楽しめるか…


Ma.k. GUSTAV / NITTO
Build File.04

デカールまで貼ったGUSTAVを汚してみた。
やはり、錆色でウォッシングすると解像度があがる。
パイロットも瞳を入れて乗せてみた。
ビギナーにしてはまずまずの出来ではないだろうか…

部分的にチッピングを施しながら、面相筆でアタリを描き込み様子を見る。
ここから少し寝かしてみて、気になる点や追加したい情報を随時作業していく。

なんか…戦火にあるシュトラール兵と言うより、整備兵による慣らし運転、て感じでほのぼのした雰囲気になってしまった。
パーマネントヘアのせいか?


Ma.k. GANS / MODELKASTEN
Build File.01

MODELKASTENと言えば、東京のアートボックスが企画するガレージキットのブランド。
これは、1999年に900個製造されたプラスティック+レジンのHybridKit。
横山氏がGANSを構築するにあたって使用したパーツであるNITTO製KROTEとNEUSPOTTERの一部パーツと、それでは足りないパーツをレジン製で補ったセットとなっている。
レアな旧キットかと思うが、Wave製が人気なためかWaveキットの半値以下で手に入れた。
Wave製GANSは、この数年後(2004年辺り)にリリースされているが、LUNA GANS、陸戦GANSとも絶版が続き価格が高騰している。

現行と比較しての位置づけとしては明記こそ無いけれども「LUNA GANS」と同じものだと考える。
パッケージには、市村弘氏のストーリーが掲載されており、月面上での索敵任務用にKAUZやFLIEGEと小隊を組んで配備されていた様子から、LUNAであることは間違いないだろう。

インストはトラップや、曖昧なポイントたっぷりの仕様で非常に難解なキット。
組立初動では「KROTE-d14」など、どのランナーを指し示しているのかが明確になっているが、後半ではそれもなく、レジンパーツに至っては形状の雰囲気で「これ?」と選定して組み立てていく。
その為、完成形をしっかり確認出来る「資料」は必須。
それを用意せず、雰囲気で組んでいくと間違いだらけのGANSが出来上がる仕組み。
私の場合、仮組みの時点で瞬着を使用しているため、間違いに気づいても後戻りに手間がかかりそうな状態に陥り、そのままごり押しで進めている。
工作過程は、プラモデルと言うよりも、ペーパークラフトの様に接着剤でペタペタ貼り付けていく作業の方が比重が大きい。
これまた古いキットであり、劣化のためかパーツがポキポキ折れる傾向にあるため、真鍮軸打ちを各所で行った。

白色のパーツがプラスティック、クリーム色のパーツがレジン。プラスティックという響きで立花ハジメを思い出してしまうのは世代によるものか…
KROTEの脚廻りとNEUSPOTTERの偵察機器で、レジンパーツであるジャンプ移動用ロケットノズルを挟み込む構造となっている。
このロケットノズルは、無垢のレジンパーツが大半でとにかく重い。
故に脚部関節は接着固定が望ましいようだ。

さて、組間違いを確認出来ている箇所についてのフォローであるが…
Ma.K.の認知度から言ったら…どこが間違いなの?という印象のようであるため、「フォロー無し」で良しとする。
そもそも、戦場で都度修理の機体だし、AI搭載の無人機だし…ガンガン補習しながら使用しているものだから…
必死こいてロールアウト直後の新品形状をモデリングせんでもいいやん?汚し塗装もするしね…と自分を納得させる。
ヘアスタイル維持のため、サイドをバリカンで刈った際、左右の微調整をくり返し、結果モヒカンになるくらいなら…
「アシメ」と誤魔化せる内にやめておいた方がよい。私の場合、バランスに拘りすぎて学生時代の大半をモヒカンで過ごした。
もう大人だし、引き際を覚えなければ成長したとは言えない。

ただし、「アンテナ長いな…」は修正したい。箱絵ももっと短いし、その方がカワイイ。

とりあえず、サフ吹きまで済ませてある。
梅雨に入る前に基本塗装は済ませておきたい。
月面索敵機なので、とりあえず白or淡いグレーで全体を塗っておく予定。
ただ…このチョコレートGANSもなかなか良い感じである。

2足歩行の兵器としては、JERRYと比べるとこのサイズ。
有人機と無人機の差で考えると、GANSデカイね。
JERRYと並べるならKROTE。KROTEもNITTO製が手元にあるので早く組んでみたい。
因みに、JERRYもちょいちょい触ってディテール増やしている。こういう楽しみがあるのもMa.K.の素晴らしいポイント。

GANSと並べるならCAMEL。CAMELもHASEGAWA製のキットが積まれている。いつ着手できるか…


Ma.k. GUSTAV / NITTO
Build File.03

マホガニー色のサフを購入してからは、今のところ下地は全てマホガニー。
下地前に、溶きパテで鋳造表現を施しておいたけど雰囲気でている。

で、GUSTAVの基本塗装としては戦闘機色の淡いグレーで全体を塗った後に、トップからダークイエローでグラデーション。
当初、WAVE製GUSTAVの箱絵の様なカラーリングにしようかと考えていたが、ライトなイメージにしたかったので一端こんな感じ。
塗装時にクリアパーツに気を遣うのも面倒なので、フロントキャノピーは差し込み式のステーを工作。
簡単に取り付け可能な状態にしておいた。

かなり爽やか色味だが、錆色の油彩でウォッシングすると一気に雰囲気が変わる。
なので、ウォッシング前に雰囲気を記録しておく。

マシーネンは筆塗りが醍醐味。
現時点では、その醍醐味を堪能できるほど塗装に時間をかけていないが、すこし寝かした後、気ままに筆塗りを楽しむ。
それで、良いのである。


Ma.k. KONRAD / NITTO
Build File.01

GUSTAVと平行して組み始めてしまったKONRAD。

NITTOのキットを仮組みして感じたのは、「キャノピーのフォルムが物足りない…」という点。
先行してWAVEのキットのレビューを幾つか拝見していたので、あのポッコリとしたキャノピーを想像していた。
しかしながら…
ん〜、どうなの?と言うくらいノッペリしている。
当時は、「ヒートプレスで自作する必要がある」と言われたのも納得。
が、ヒートプレスするほどの道具も持ち合わせていないので純正パーツで完成させる方向で。

腕は、かなり曲げられるように二の腕アーマーの上部をエッチングソーで斜めにカットして、パテでシーリング。
マニピュレーターも指関節でカットして表情を持たせ、レーザー砲を自然に抱えている感じにカスタム。

で、GUSTAVが塗装に入ったので塗料を出すついでに基本塗装からデカールまで一気に作業を進めます。
KONRADは、マホガニーのサフを下地に軍艦色のグレーからオリーブドラブへのグラデーション。
いつものように油性でウォッシングして落ち着かせ、全体の様子見。

現状、パンチが弱いけれども重厚感のある色調にしてみたい。
さて、どうする?


Ma.k. GUSTAV / NITTO
Build File.02

なかなか時間も作れず、作業は進んでいないが…
とりあえずパテでシーリングを造形しコックピットにマホガニーサフを吹いてパイロットの基本色を施した。
あ、パイロットのヘアスタイルについてはモールドアマアマだったので毛髪追加した。
ドイツ軍っぽくなくなってしまった。アメちゃん風。
あと、部分的な鋳造表現。塗装する際に、この凹凸が効いてくるので結構好き。

このところ週末がはっきりしない天気。
本格的な塗装にかかれない。
そのせいもあってガラス窓式PKAの最終型である「Panzer Kampf Anzug Ausf K」:通称KONRADを作り始めてしまった。
NITTO製なので、やることはGUSTAVと同じ。後ろに見えるブルーの成形色のモデルがそれ。

同工程2個目ともなると以外とサクサク作業が進む。
が、やはり醍醐味である塗装行程にとっとと突入したいところ。


Ma.k. GUSTAV / NITTO
Build File.01

エポパテによる腕関節部固定でGUSTAVを製作開始。
S.F.3.D.パッケージによる旧キット。
ざっと仮組みしてみたけれども、現時点でハードルの高そうな継ぎ目はなさそうな感じ。
まあ、自分でハードルを下げているのは事実ではあるが…

継ぎ目・合わせ目よりも、パイロットの頬に縦に入る成型時のシワには手を焼きそう。
こんなん今だったらクレームになりそうだよな…ってくらいパックリ入っている。
これ、パテで埋めるのか、やすってボンドでならすのか…

仮組みした結果、各所で解説のあるとおり、やはり腕に関しては3mmはアルミ線で構築すべきだと理解した。
とりあえず、腕は後回しにして起ち上げてみたが、本来なら足も…
ただ、KAUZとは異なる股関節構造を持った自身初の陸戦NITTO-Panzer Kampf Anzug。
なので、下半身はそのまま。股関節以外は許せるし。
どこをどうカスタムしたら良いか解らんし…

S.F.3.D.のGUSTAVにはつま先に仕込む用のカウンターウエイトが付属する。
なので、ほんのり片足立ちも可能。

歩いている雰囲気はだせちゃうのが凄い。
ただ、やっぱり「人が着てます」ってフォルムには遠い。
二の腕の装甲は内側を斜めにカットすべきだな。さらにワキ閉めが必要。
次のP.K.A.作製時には実施すべき課題。

マニュピレーターはエッチングソーで切り離して少し表情を与えたい。
恐らく、指関節毎に切り分けて真鍮軸打ちして…
あとは部分的に未接着のパーツを取り付けて、溶接痕を施して…
そんでもって、キャノピーは最後の最後に取り付ける予定。
クリアパーツはすぐに接着剤熔解させてしまうので…
エポキシ接着剤、仕入れようかしら。

因みに、シュトラール軍のスーツであるこの「Panzer Kampf Anzug Ausf.G GUSTAV」だが…
Panzer Kampf Anzug(P.K.A)とは、「パンツァー・カンプ・アンツーク」と読み、装甲戦闘スーツを意味している。
要するにA.F.Sをドイツ語で表現している。
あと、「Ausf」は、Ausführung(アウスフュールング)の略で、 この場合は、型・モデル・タイプの事を指す。

NITTOの旧キットの大型キャノピーをもったP.K.Aには複数バージョンが素存在している。
GUSTAV(グスタフ)の他にHEINRICH(ハインリッヒ)やKONRAD(コンラート)などなど…
まあ、傭兵軍のA.F.S.のバージョン展開に似た感じでリリースされていたようである。

我が積みプラには、KONRADがキープされている。
HEINRICHはマニピュレーターになっているらしいぞ。
並べたい衝動が抑えられない。早急にHEINRICHも入手せねば。

ああ、とりあえず早く塗装に移行したい。


Ma.k. KAUZ / 3Q MODEL
Build File.02

仮組みから接着まで終了。
一端全体にサフを吹いてみた。その後、脚部のみ当初のイメージである艶々ホワイトを塗装してみた。
なかなか良い感じなので、全体をこのタミヤのピュアホワイト(ツヤ有り)で塗装予定。
で、ロールアウト状態からどうするか検討する。

こうして画像にしてまじまじ見ていると、処理し忘れの箇所が結構ある。
キズに関しては、後々ウエザリングするから気にしてはいないけれども…

作っていて腑に落ちないのは…パイロットの顔の造形。
モールドが甘すぎる。目なんて…と思うなら造形すれば?と言うことなのだろうが、そんなスキルは持ち合わせていない。
内部塗装も済ませてはあるが、パイロットの顔が納得できずハッチを開けたくない。
試してはいないが、あとからパイロットの交換が出来なさそう。
ん〜、どうしましょ。

脚部、太腿の裏側のディテールは削り取ってプラ棒で追加。本来は「割れる」デザインが正解なので、段落ちモールドにすべき箇所。
シュトラールのスーツは様々な箇所でこのような構造が採用されているようだ。
今回、このKAUZを作るときに初めて知った。ディテールアップを図れる部分ではあるが、このキットに関してはこれだけ。
そもそも、プラ材を使ったディテールアップは人生でこれが初めて。
ゆっくりスキルアップしていこうと思う。

脚部のピュアホワイトは、まだ薄くしか塗布していないけれども、凹凸付近に勝手に出来る塗料溜まりが良い感じ。
この感じ好き。これなら墨入れ無くても良いかもしれない。


Ma.k. KAUZ / 3Q MODEL
Build File.01

3Q MODELのカウツを入手したので、手足の合わせ目を消すために接着しつつ仮組み。
因みに、模型制作に関しては30年近いブランクを持った、バリバリのビギナー。

ランナーにNITTOの文字。キットの大半は、今は無きNITTOの金型を流用したモノなのだろう…
NITTOのカウツを組んだことは無いので、どこがどう違うのかは不明。WAVEのキットと比べると色々と問題点はアル。
NITTOのグスタフを組むための練習として組んでいるので、とりあえずストレート。関節グラグラもそのまま。
カスタム無しで完成させる予定。

ハッチの内部は先に塗装が必要そうなので、とりあえずマットブラックで内壁を塗装。
内装はシートと仕切りパネル、背中側のパネルからアクセス可能なラジエータールーム的な部分。
そして、パイロット。

マシーネンは、模型制作の大半を経験できるので組むのが楽しい。

後々、関連情報を確認したら腕のパーツ接着ラインの一部はモールドとして残すべき箇所であった。
合わせ目が出ていて正解。後でケガキすべきか…
その他に、やはり合いの悪い箇所や、モールドが甘くて表面処理で消えてしまいそうな箇所などチラホラ。
しかし、何も処理せず完成させたらどのような仕上がりになるのか確認したい。その上でNITTOのキットを作成する際の参考とする。
塗装は艶々ホワイトでロールアウト状態にしてから、様子みて迷彩やら汚しやらを検討しようと思う。


Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google