3Q MODELのカウツを入手したので、手足の合わせ目を消すために接着しつつ仮組み。
因みに、模型制作に関しては30年近いブランクを持った、バリバリのビギナー。

ランナーにNITTOの文字。キットの大半は、今は無きNITTOの金型を流用したモノなのだろう…
NITTOのカウツを組んだことは無いので、どこがどう違うのかは不明。WAVEのキットと比べると色々と問題点はアル。
NITTOのグスタフを組むための練習として組んでいるので、とりあえずストレート。関節グラグラもそのまま。
カスタム無しで完成させる予定。

ハッチの内部は先に塗装が必要そうなので、とりあえずマットブラックで内壁を塗装。
内装はシートと仕切りパネル、背中側のパネルからアクセス可能なラジエータールーム的な部分。
そして、パイロット。

マシーネンは、模型制作の大半を経験できるので組むのが楽しい。

後々、関連情報を確認したら腕のパーツ接着ラインの一部はモールドとして残すべき箇所であった。
合わせ目が出ていて正解。後でケガキすべきか…
その他に、やはり合いの悪い箇所や、モールドが甘くて表面処理で消えてしまいそうな箇所などチラホラ。
しかし、何も処理せず完成させたらどのような仕上がりになるのか確認したい。その上でNITTOのキットを作成する際の参考とする。
塗装は艶々ホワイトでロールアウト状態にしてから、様子みて迷彩やら汚しやらを検討しようと思う。