Ableton Live

Liveは、エフェクト、インストゥルメント、サウンドなど、各種制作機能を備えている。
音楽のジャンルを問わず、曲作りに必要なものがすべてそろっているナイスなソフトウェア。
要な作業画面は、リニア編集を行うアレンジメントビュー。
それと、タイムラインにとらわれることなく即興演奏やさまざまなアイデアの模索を行うセッションビューの2種類。
なかなか遊べる。
もし、Live Lite Editionをお使いならアップグレードをオススメします。
アップグレードはこちら

Ableton Live 11 Standard Upgrade from Live Lite

Transpose

Spliceとかの音源を使ってトラックを作成する際に、キーを意識せず使えそうなサンプルを積み上げてみたところ「なんかキーが変」って事がある。
例えば、ルートがDmのサンプルばかりで構築出来れば問題ないけど、そうでない場合がほとんど。
MIDIなら位置をずらせばクリアすることもあるけど、Audioの場合は?

そんなときは、トランスポーズを試す。
Transposeのノブは半音単位で変更できる。
因みに基本的に、
C→D→E→F→G→A→B→C=ド→レ→ミ→ファ→ソ→ラ→シ→ド
なので、このノブは…
C→C#→D→D#→E→E#→F→F#→G→G#→A→A#→B→B#→C→C#
で変調していく、となる。

Warp

ついでに「キーが異なる」ではなく「BPMが異なる」場合、Liveであれば自動的にストレッチしてくれるが、Vocal Trackの場合、音質への影響を如実に感じてしまう場合がある。
そんな時は、【Warp】をOnにして、[Complex Pro]に設定しておく。
因みにデフォは[Beats]だったけ?
複雑なコード音も[Complex Pro]にしておけばブツブツ切れる感じは無くなる。CPUへの付加は大きくなるが…

そういえば、【Warp】ってセッションビューの時に勝手にストレッチしてくれる便利な機能だけど、音源自体が短かったりすると、ループしすぎで使えない音源になってしまう事もある。
そんなときは、素材の「Warp」を点灯させて素材のお尻部分を「ダブルクリック」しマーカーを作成して、マーカーをドラッグし、希望の小節へ移動する。
こんな感じで微意調整可能。

Tuner and Spectrum

さて、Spliceなんかだと、キーもテンポ(BPM)もコンテンツに表示されているけど、実際になにかしらからサンプリングした場合は、キーがわかんない事も当然ある。
サンプリングでトラックメイクしたい輩が皆、音大卒ではないからね。
Liveの場合は、オーディオエフェクトあるTunerとSpectrumを使う。
アレンジメントビューにしておくと、操作の都合上便利。
調べたい音源にTunerとSpectrumをかけてループ再生する。
Tunerは文字通り、チューナーとして使える。いくつかの音に反応するので、表示されるキーをMIDI音源をつかってならして確認してみる。
Tunerの反応がイマイチな音源の場合は、Spectrumを使う。最初のピークをクリックすると、基本周波数(恐らく…)がオレンジ色の四角形が表示される。
周波数(Hz)で作業しているかを示しめすものであるので、それを書き留める。

色々なサイトを参考にさせていただきました。

LANDR
SLEEP FREAKS
Ableton