Nice body and very sexy.
It was HIROKI HAYASHI who made the prototype.
Female pilots of the highest quality are easy to apply even for beginners of painting and are a gem to recommend.

初めてのレジンキットで、初めてのフィギュア塗装で、初めてのBrickWorks。
1/20Scaleで、80mm程度なので、160cm程度の女性と言うことになる。
AT乗りとかって小さい方のが良いような気もすけど、S.A.F.S.乗りってどうなんだろう。

因みに、半年以上前に手を付けて、ちょこちょこ直しつつ現状、この状態。
ファーストペイントは目も当てられないくらい酷く、2回程リペントを行った。
汚しすぎてしまい、セクシー白タンクトップが著しく油汚れのボロボロになってしまったので、最後にエアブラシでホワイトを吹き直した。
その結果、肌部分にも砂目で白くかぶってしまった。

下地フレッシュはタミヤラッカー。後はタミヤアクリルとタミヤエナメル。
フレッシュ部分以外は筆塗り。
眉毛は描かない主義。(描けない)

肌がザラザラなのは、ブラシの粒子が粗い事が原因だと考えている。
肌も筆塗りなら、もう少しヌメッとした質感になるのではないだろうか。
今度ファルケのパイロットを塗装する際には、筆塗りを試してみようか…と思う。
ただ、ハセガワのパイロットはBrickWorksに比べるとモールドも浅く、ビギナーには結構難関。
BrickWorksで塗れたからと言って、ハセガワのパイロットが塗れる、というものではない。

何れにせよ、このBrickWorksの女性パイロットは最高なのである。