マホガニー色のサフを購入してからは、今のところ下地は全てマホガニー。
下地前に、溶きパテで鋳造表現を施しておいたけど雰囲気でている。

で、GUSTAVの基本塗装としては戦闘機色の淡いグレーで全体を塗った後に、トップからダークイエローでグラデーション。
当初、WAVE製GUSTAVの箱絵の様なカラーリングにしようかと考えていたが、ライトなイメージにしたかったので一端こんな感じ。
塗装時にクリアパーツに気を遣うのも面倒なので、フロントキャノピーは差し込み式のステーを工作。
簡単に取り付け可能な状態にしておいた。

かなり爽やか色味だが、錆色の油彩でウォッシングすると一気に雰囲気が変わる。
なので、ウォッシング前に雰囲気を記録しておく。

マシーネンは筆塗りが醍醐味。
現時点では、その醍醐味を堪能できるほど塗装に時間をかけていないが、すこし寝かした後、気ままに筆塗りを楽しむ。
それで、良いのである。