Monthly Archives: 3月 2019

Ma.k. GUSTAV / NITTO
Build File.04

デカールまで貼ったGUSTAVを汚してみた。
やはり、錆色でウォッシングすると解像度があがる。
パイロットも瞳を入れて乗せてみた。
ビギナーにしてはまずまずの出来ではないだろうか…

部分的にチッピングを施しながら、面相筆でアタリを描き込み様子を見る。
ここから少し寝かしてみて、気になる点や追加したい情報を随時作業していく。

なんか…戦火にあるシュトラール兵と言うより、整備兵による慣らし運転、て感じでほのぼのした雰囲気になってしまった。
パーマネントヘアのせいか?


Ma.k. GANS / MODELKASTEN
Build File.01

MODELKASTENと言えば、東京のアートボックスが企画するガレージキットのブランド。
これは、1999年に900個製造されたプラスティック+レジンのHybridKit。
横山氏がGANSを構築するにあたって使用したパーツであるNITTO製KROTEとNEUSPOTTERの一部パーツと、それでは足りないパーツをレジン製で補ったセットとなっている。
レアな旧キットかと思うが、Wave製が人気なためかWaveキットの半値以下で手に入れた。
Wave製GANSは、この数年後(2004年辺り)にリリースされているが、LUNA GANS、陸戦GANSとも絶版が続き価格が高騰している。

現行と比較しての位置づけとしては明記こそ無いけれども「LUNA GANS」と同じものだと考える。
パッケージには、市村弘氏のストーリーが掲載されており、月面上での索敵任務用にKAUZやFLIEGEと小隊を組んで配備されていた様子から、LUNAであることは間違いないだろう。

インストはトラップや、曖昧なポイントたっぷりの仕様で非常に難解なキット。
組立初動では「KROTE-d14」など、どのランナーを指し示しているのかが明確になっているが、後半ではそれもなく、レジンパーツに至っては形状の雰囲気で「これ?」と選定して組み立てていく。
その為、完成形をしっかり確認出来る「資料」は必須。
それを用意せず、雰囲気で組んでいくと間違いだらけのGANSが出来上がる仕組み。
私の場合、仮組みの時点で瞬着を使用しているため、間違いに気づいても後戻りに手間がかかりそうな状態に陥り、そのままごり押しで進めている。
工作過程は、プラモデルと言うよりも、ペーパークラフトの様に接着剤でペタペタ貼り付けていく作業の方が比重が大きい。
これまた古いキットであり、劣化のためかパーツがポキポキ折れる傾向にあるため、真鍮軸打ちを各所で行った。

白色のパーツがプラスティック、クリーム色のパーツがレジン。プラスティックという響きで立花ハジメを思い出してしまうのは世代によるものか…
KROTEの脚廻りとNEUSPOTTERの偵察機器で、レジンパーツであるジャンプ移動用ロケットノズルを挟み込む構造となっている。
このロケットノズルは、無垢のレジンパーツが大半でとにかく重い。
故に脚部関節は接着固定が望ましいようだ。

さて、組間違いを確認出来ている箇所についてのフォローであるが…
Ma.K.の認知度から言ったら…どこが間違いなの?という印象のようであるため、「フォロー無し」で良しとする。
そもそも、戦場で都度修理の機体だし、AI搭載の無人機だし…ガンガン補習しながら使用しているものだから…
必死こいてロールアウト直後の新品形状をモデリングせんでもいいやん?汚し塗装もするしね…と自分を納得させる。
ヘアスタイル維持のため、サイドをバリカンで刈った際、左右の微調整をくり返し、結果モヒカンになるくらいなら…
「アシメ」と誤魔化せる内にやめておいた方がよい。私の場合、バランスに拘りすぎて学生時代の大半をモヒカンで過ごした。
もう大人だし、引き際を覚えなければ成長したとは言えない。

ただし、「アンテナ長いな…」は修正したい。箱絵ももっと短いし、その方がカワイイ。

とりあえず、サフ吹きまで済ませてある。
梅雨に入る前に基本塗装は済ませておきたい。
月面索敵機なので、とりあえず白or淡いグレーで全体を塗っておく予定。
ただ…このチョコレートGANSもなかなか良い感じである。

2足歩行の兵器としては、JERRYと比べるとこのサイズ。
有人機と無人機の差で考えると、GANSデカイね。
JERRYと並べるならKROTE。KROTEもNITTO製が手元にあるので早く組んでみたい。
因みに、JERRYもちょいちょい触ってディテール増やしている。こういう楽しみがあるのもMa.K.の素晴らしいポイント。

GANSと並べるならCAMEL。CAMELもHASEGAWA製のキットが積まれている。いつ着手できるか…


Ma.k. GUSTAV / NITTO
Build File.03

マホガニー色のサフを購入してからは、今のところ下地は全てマホガニー。
下地前に、溶きパテで鋳造表現を施しておいたけど雰囲気でている。

で、GUSTAVの基本塗装としては戦闘機色の淡いグレーで全体を塗った後に、トップからダークイエローでグラデーション。
当初、WAVE製GUSTAVの箱絵の様なカラーリングにしようかと考えていたが、ライトなイメージにしたかったので一端こんな感じ。
塗装時にクリアパーツに気を遣うのも面倒なので、フロントキャノピーは差し込み式のステーを工作。
簡単に取り付け可能な状態にしておいた。

かなり爽やか色味だが、錆色の油彩でウォッシングすると一気に雰囲気が変わる。
なので、ウォッシング前に雰囲気を記録しておく。

マシーネンは筆塗りが醍醐味。
現時点では、その醍醐味を堪能できるほど塗装に時間をかけていないが、すこし寝かした後、気ままに筆塗りを楽しむ。
それで、良いのである。


Ma.k. KONRAD / NITTO
Build File.01

GUSTAVと平行して組み始めてしまったKONRAD。

NITTOのキットを仮組みして感じたのは、「キャノピーのフォルムが物足りない…」という点。
先行してWAVEのキットのレビューを幾つか拝見していたので、あのポッコリとしたキャノピーを想像していた。
しかしながら…
ん〜、どうなの?と言うくらいノッペリしている。
当時は、「ヒートプレスで自作する必要がある」と言われたのも納得。
が、ヒートプレスするほどの道具も持ち合わせていないので純正パーツで完成させる方向で。

腕は、かなり曲げられるように二の腕アーマーの上部をエッチングソーで斜めにカットして、パテでシーリング。
マニピュレーターも指関節でカットして表情を持たせ、レーザー砲を自然に抱えている感じにカスタム。

で、GUSTAVが塗装に入ったので塗料を出すついでに基本塗装からデカールまで一気に作業を進めます。
KONRADは、マホガニーのサフを下地に軍艦色のグレーからオリーブドラブへのグラデーション。
いつものように油性でウォッシングして落ち着かせ、全体の様子見。

現状、パンチが弱いけれども重厚感のある色調にしてみたい。
さて、どうする?


Ma.k. GUSTAV / NITTO
Build File.02

なかなか時間も作れず、作業は進んでいないが…
とりあえずパテでシーリングを造形しコックピットにマホガニーサフを吹いてパイロットの基本色を施した。
あ、パイロットのヘアスタイルについてはモールドアマアマだったので毛髪追加した。
ドイツ軍っぽくなくなってしまった。アメちゃん風。
あと、部分的な鋳造表現。塗装する際に、この凹凸が効いてくるので結構好き。

このところ週末がはっきりしない天気。
本格的な塗装にかかれない。
そのせいもあってガラス窓式PKAの最終型である「Panzer Kampf Anzug Ausf K」:通称KONRADを作り始めてしまった。
NITTO製なので、やることはGUSTAVと同じ。後ろに見えるブルーの成形色のモデルがそれ。

同工程2個目ともなると以外とサクサク作業が進む。
が、やはり醍醐味である塗装行程にとっとと突入したいところ。


Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google