やはり色味が浅く兵器としては重厚感に欠ける気がしたので、追加でペイント。
機体下部に、濃いめのグレーを…
ジャーマングレーより若干明るめで、パープルグレーよりも赤みを押さえた色調。

JERRYは、機体全体を見ると足も華奢でトップヘビーな印象が強い。
リペント前に、機体下部のみ重厚感を足すのに悩んだ。
単純にボトムヘビーよりもトップヘビーなバランスの方が個人的に好みだからだ。
機体上部のダークイエローのライトな感じはそのままで、濃いめのグレーを合わせるとバランスが崩れるかも…と心配だった。

バラして塗装してみたが、やはり、あまりにも濃淡の上下関係が気になった。
しかし、機関部短単位みていたときよりも足を組み付けたら…これはこれでよさげな感じ。
ついでに足にも同色のグレーを追加。

組立直後の塗装状態。
爽やかな感じで…これはこれで好きなんだけど軽い。

リペイント。
重厚感は増したか?これ以上触るとやり過ぎる恐れアリ。

エンジンルームも下部と同じグレーで周辺のみ塗装。
細部を塗り分けようかと思ったけれども…
無駄に派手になるくらいなら、ウエザリングのみで終了した方が潔く兵器感がだせるのではないか。
ただ、手間を避けた感も否めないが…
とはいえ良い感じに汚れたので、このままで。
もう少し、丁寧に処理はした方が良いか。

ウエザリング中に、負荷のかかっている脚部関節がバッキバキにクラックした。
荷台のステーも片方が破損。真鍮線でキャリーでも作ろうか…
アンテナ基部もボッキボキ。アンテナ類は全箇所にわたって、スプリングコイルでフレキシブルな基部を再構築決定。
勿論、塗料による浸食も原因だろうが、とにかく古いキットのため、プラスティックの劣化も著しいのではないか。

怖くなったので、JERRYに関しては大枠での塗装はここまでで一端終了。
クラックした脚部は、様子見ながら瞬間接着剤でパテ埋めしておこうと思う。
あと、部分的にチッピング、脚部のドロ汚れは少しだけ足すとして、パイピングを済ませて完成…って方向で。

あっっ…デカール貼るタイミング。デカールだけピンウォッシュって雰囲気醸し出すの苦手。
それ以前の問題として、このJERRYに付いてたデカールが使えるのか?

さてさて、崩壊寸前のJERRYも、それはそれでアリな機体。
設定では、S.A.F.Sリリース後には、主力戦闘機の後継争いには敗れ、生産が容易という理由に偵察部隊に配備されたそうな。
かなり好きなマシーンだけどね。