仮組みから接着まで終了。
一端全体にサフを吹いてみた。その後、脚部のみ当初のイメージである艶々ホワイトを塗装してみた。
なかなか良い感じなので、全体をこのタミヤのピュアホワイト(ツヤ有り)で塗装予定。
で、ロールアウト状態からどうするか検討する。

こうして画像にしてまじまじ見ていると、処理し忘れの箇所が結構ある。
キズに関しては、後々ウエザリングするから気にしてはいないけれども…

作っていて腑に落ちないのは…パイロットの顔の造形。
モールドが甘すぎる。目なんて…と思うなら造形すれば?と言うことなのだろうが、そんなスキルは持ち合わせていない。
内部塗装も済ませてはあるが、パイロットの顔が納得できずハッチを開けたくない。
試してはいないが、あとからパイロットの交換が出来なさそう。
ん〜、どうしましょ。

脚部、太腿の裏側のディテールは削り取ってプラ棒で追加。本来は「割れる」デザインが正解なので、段落ちモールドにすべき箇所。
シュトラールのスーツは様々な箇所でこのような構造が採用されているようだ。
今回、このKAUZを作るときに初めて知った。ディテールアップを図れる部分ではあるが、このキットに関してはこれだけ。
そもそも、プラ材を使ったディテールアップは人生でこれが初めて。
ゆっくりスキルアップしていこうと思う。

脚部のピュアホワイトは、まだ薄くしか塗布していないけれども、凹凸付近に勝手に出来る塗料溜まりが良い感じ。
この感じ好き。これなら墨入れ無くても良いかもしれない。